スミソニアン・ジャーニーズとめぐる、シチリア島周遊の旅

旅の日付

2023 年 4 月 14日
2023 年 4 月 22日

8

9

料金(最安)

€6.040~
ポナンボーナス20%割引

クルーズコード

EC140424

スミソニアン・ジャーニーズとめぐる、シチリア島周遊の旅

スミソニアン・ジャーニーズとめぐる、シチリア島周遊の旅

旅の日付

2023 年 4 月 14日
2023 年 4 月 22日

8

9

料金(最安)

€6.040~
ポナンボーナス20%割引

クルーズコード

EC140424

スミソニアン・ジャーニーズとめぐる、シチリア島周遊の旅

バレッタ乗船 /バレッタ下船


クルーズ料金には、各寄港地でのツアー及び送迎が含まれます。


スミソニアン・ジャーニーズ*との共同企画。

*アメリカの学術研究機関で、世界最大の博物館群・教育研究機関複合体であるスミソニアン協会の旅行部門。訪問地の文化に触れ、歴史や食、言語、環境、動植物などを深く掘り下げることで、旅をきっかけとした地球市民の育成を目指す取り組みを続けています。


このクルーズは、数あるポナンの船旅の中でも、英語を話す方々を対象に、より広く世界を知りたいと願うお客様のために特別に企画されたものです。ポナンのクルーズに通常含まれるサービスに加え、ここに掲載の料金には、乗下船時の送迎、スミソニアン・ジャーニーズから招かれる世界的な専門家による船内レクチャー及びディスカッション、各寄港地での上陸エクスカーション及びアクティビティが含まれます。各地でのエクスカーションやアクティビティを通して、訪問先の景色や音、その土地ならではの味や匂い、そして文化に触れる特別な時間をお過ごしいただきます。


長い歴史の中で、ギリシャ、ローマ、アラブ、ビザンチン、ノルマンと、数多くの文明が地中海沿岸で花開き、それらはシチリア島で交差しました。この文明の十字路を、ル・シャンプランで周遊する旅にご招待します。


最初の寄港地は、マルタ共和国の小島、ゴゾです。手付かずの自然が残るこの島には、ユネスコ世界遺産であるジュガンティーヤの巨大神殿があります。神殿を探索し、ワイナリーを訪問して島のワインを味わいます。


マルタを出た船は、次の寄港地、シチリア島ポルト・エンペードクレに向かいます。ここは、島の南部、アグリジェントに残る伝説のギリシャ神殿への玄関口です。この神殿は、地中海に残る数々の遺跡の中で最も壮大な規模を誇る遺跡の一つです。その後、島の西端を回り、トラーパニに入港します。港から少し内陸へ入り、ドリス様式のギリシャ神殿遺跡セジェスタや、海へと傾斜する三角形の高原の頂上部に位置する中世の街エリーチエを訪れます。


クルーズ5日目には、船はパレルモの港に入ります。この街は、紀元前827年にフェニキア人によって建てられた都市で、ノルマン人が支配権を握った12世紀には、ヨーロッパ最大級の都市の一つとなりました。ここでは、ビザンチン・アラブ・ノルマン建築のパラティーナ礼拝堂を訪れます。華麗なモザイクと床や壁に施された圧巻の大理石装飾が見る者を圧倒します。また、程近くにあるモンレアーレを訪れ、ノルマン建築の代表的遺産を鑑賞することもできます。


リーパリでは、考古学博物館を訪れます。古代アクロポリスがあった場所に、16世紀になりノルマン人が建てた城が、現在は考古学博物館として開放されています。同日夜には、ストロンボリ島に向かい、島を周遊する船からストロンボリ火山を望みます。


その後、船はメッシーナ海峡を渡り、シチリア島東岸のタオルミーナに入港します。ここでは、ヨーロッパ最大の活火山であるエトナ山の斜面にあるワイナリーを訪れたり、美しい海岸線を一望するギリシャ劇場が残るタオルミーナの街を散策したりします。


旅の終着地バレッタの港に船が到着する前に立ち寄る最後の港は、シチリア島シラクサです。紀元前8世紀にギリシャの植民都市として建設され、その後、古代世界最強の都市の一つとして、アテネの強力なライバルへと成長した都市です。アウグストゥスのローマ円形劇場や15,000人を収容するギリシャ劇場、またはオルティジャの旧市街とそこに立つバロック様式の大聖堂を訪れます。

クルーズマップ

    ●英語を話すお客様を対象に特別に企画されたクルーズです。専門家とのディスカッション、乗下船時の送迎、各寄港地でのエクスカーションが料金に含まれます。
    ●スミソニアン ジャーニーズから2名の専門家が乗船し、船内でお客様と様々なディスカッションを行います。
    ●アグリジェント、セジェスタ、タオルミナ、シラクサの各地で、優れた保存状態のギリシャ遺跡を訪れます。
    ●エリーチエとモンレアーレでは、ノルマン建築の大聖堂や教会を訪れます。
    ●パレルモのパラティーナ礼拝堂を訪れ、ビザンチン アラブ様式の見事なモザイクを鑑賞します。
    ●マルタの巨大神殿、パレルモ、モンレアーレ、アオーリエ諸島、タオルミナ、シラクサと、ユネスコ世界遺産に登録されている遺跡を訪れます。
    ●ストロンボリ火山とエトナ火山を間近に周遊します。
続きを読む

2024年4月14日
バレッタ
乗船:2024 年 4 月 14 日午後 4 時 00 分-午後 5 時 00 分
出港:2024 年 4 月 14 日午後 6 時 00 分


マルタ共和国の首都バレッタは、マルタ島北東部の半島に広がる街で、その全体がユネスコ世界遺産に登録されています。トリトンの噴水から聖エルモ砦に至る道には、美しい通りや階段小道が 続きます。街を探索すれば、高い屋根の家々に設けられたロッジアと呼ばれる開廊や、緩やかな 曲線が美しいコーベル(持ち送り)という装飾が、至るところに見られるでしょう。車に邪魔をされず、 散策することができる街です。騎士団長の宮殿では、紋章とフレスコ画の素晴らしい装飾をご覧ください。聖ヨハネ大聖堂とその城壁は、16 世紀からバレッタの街を守ってきた、この街を象徴する歴史遺産の一つです。アーチ形のテラスが広がるバラッカ ガーデンズを歩けば、美しい緑や花々が散策に彩りを加えてくれます。

2024 年 4 月 15 日
ゴゾ
入港:2024 年 4 月 15 日午前
出港:2024 年 4 月 15 日夕刻


マルタ島の北に位置する小島、ゴゾ島は、面積の大きい近隣の島に比べ、それほど都市化は進んでいません。観光客もそれほど多くないことから、島には自然がそのままに残り、島本来の姿を見る ことができます。緑豊かな丘と渓谷が耕作地とモザイク状に入り混じり、蜂蜜色の石灰石で作られた中世から残るものもある建造物は、周囲の景色と見事に調和しています。シャーラの町近くには、ユネスコ世界遺産に登録された素晴らしい歴史遺産、ジュガンティーヤの巨石神殿が残ります。神殿に隣接する考古学博物館には、数々の発掘物が展示されています。海岸部では、赤い砂浜とどこまでも透明な海が、ゴゾ島の静かで穏やかな魅力をさらに引き立てています。

2024年4月16日
シチリア島ポルト エンペードクレ
入港:2024年4月16日早朝
出港:2024年4月16日夕方


シチリア島の南西部に位置するポルト エンペードクレは、紀元前5世紀にこの地に暮らした哲学者エンペードクレの名を冠した街です。太陽と海の恵みを受ける歴史あるこの街の小高い丘には、ユネスコ世界遺産に登録されたギリシャ文明の遺産、「神殿の谷」があります。ギリシャ神話の主神ゼウスとその妻ヘラ、そして二人の間に生まれたヘパイストスに捧げられた神殿の数々をめぐります。丘の中腹にオリーブの木々が連なる、自然豊かなイタリアの風景もお楽しみください。

2024年4月17日
シチリア島トラーパニ
入港:2024年4月17日早朝
出港:2024年4月17日夜


コバルトブルーに輝くティレニア海に面したトラーパニは、古代ギリシャの都市エリーチエの港として作られ、シチリア島西部でも特に自然に恵まれた地域にあります。小さな通りを歩けば、サン ロ レンツォ大聖堂、マリア サンティッシマ アンヌンツィアータ聖堂、トリトンの噴水と、この地域に影響 を及ぼした様々な文明の名残が残る文化遺産に出会います。地元のレストランを訪れ、涼しいテラ スでその日の朝に陸揚げされた新鮮な魚を味わうのもよいですし、地中海をはさんだ近隣のアラブ 諸国から伝来した味、シーフードのクスクスを楽しむのもよいでしょう。

2024年4月18日
シチリア島パレルモ
入港:2024年4月18日早朝
出港:2024年4月18日深夜


シチリア島最大の都市パレルモは、シチリアの魂を守り続けてきた都市です。この地に惹かれ、フ ェニキア、カルタゴ、ローマ、ビザンチン、アラブ、ノルマンなど、様々な地から多くの人々がやって きました。その結果、パレルモは非常に多くの文化が混ざり合う都市となりました。ムーア様式の聖 堂やノルマン王宮内部にあるパラティーナ礼拝堂のビザンチン様式のモザイクがその例です。歴 史を物語る美しいバロック様式王宮の壮麗さにも魅了されることでしょう。散策の途中、カラフルで 絵になるほど魅力的なマーケットを見つけるのも、心躍る旅の体験です。

2024年4月19日
エオリア諸島リーパリ
入港:2024年4月19日早朝
出港:2024年4月19日午後


シチリア島の北、ティレニア海に浮かぶ7つの島からなるエオリア諸島最大の島で、最も多い人口 を持つリーパリは、ユネスコの世界遺産に登録された素晴らしい遺跡がある島です。軽石を切り出 す石切り場やロッチエ ロッセの黒曜石流は、この島が火山活動でできたことを示しています。エオ リア諸島最大規模の市街地には、古代ギリシャ ローマに起源を持つ城塞と城が堂々と立っていま す。さらに中心部へと向かえば、ノルマン様式の大聖堂が見えてくることに驚かされます。この大聖 堂にあるバロック様式の壮麗なファサードも見逃せません。

2024年4月19日
ストロンボリ島を間近にクルージング


目の前に広がるのは、ギリシャ神話の英雄オデュッセウスがこの海を漂流したときに目にしただろう 景色、エオリア諸島にそびえたつ「気まぐれな」火山島、ストロンボリ島です。火山活動は、何千年 にもわたり休止することなく続いており、島は「地中海の灯台」とも呼ばれています。

タイトル2024年4月20日
シチリア島タオルミーナ
入港:2024年4月20日早朝
出港:2024年4月20日夜


シチリア島の東海岸、メッシーナ県に位置する海辺の街タオルミナは、「シチリアのサントロペ」と呼 ばれ、多くの歴史遺産や静かなビーチがあることや、高級ショッピングを楽しむことができる街として 知られています。街は海抜約 300 メートルの高台に立っており、中心部のテラスから眺める地中海 の景色はまさに絶景です。保存状態が特に優れたギリシャ劇場を訪れれば、この地の長い歴史を 体感することができるでしょう。ターコイズブルーの海を望む大パノラマは、訪れる人を常に魅了し ます。

2024 年 4 月 21 日
シチリア島シラクサ
入港:2024 年 4 月 21 日早朝
出港:2024 年 4 月 21 日夕刻


起伏ある岩場の海岸線、果てしなく続く砂浜、厳かに島を見渡すエトナ山の圧倒的な姿、丘の斜 面を彩る花々。シチリア島は、店頭に美しく並べられる様々な品物のように、異なる風景を差し出し てくれます。古代ローマの哲学者マルクス キケロが、シラクサを「世界で最も美しい都市」と表現し たように、シラクサはシチリア島で最も名声高い都市の一つであり、最盛期には巨大都市国家アテ ネに匹敵するほどの繁栄を見せました。古代ギリシャの中心都市であり、様々な文明の故郷となっ たシラクサには、各文明の足跡が今も残ります。アラブ、ローマ、ノルマン、ビザンチン、そしてスペ イン文化が混ざり合うシラクサは、香り、色彩、そして味わいに満ちた、際立って美しい街です。

2024年4月22日
バレッタ
入港:2024年4月22日早朝
下船:2024年4月22日午前8時


マルタ共和国の首都バレッタにて航海を終え、下船となります。

閉じる

STATEROOM

流氷

【日本人ガイド乗船】北緯90度の北極点を目指して

1718
旅の日付
€35.050~
詳細はこちら
流氷

【1/30(月)まで€1.800割引】【日本人ガイド乗船】
ウェッデル海の皇帝ペンギンに出会う旅

1214
旅の日付
€22.100~
詳細はこちら
流氷

グリーンランド北東部、未踏の海を訪ねて

1415
旅の日付
€19.910~
詳細はこちら
流氷

北西航路をゆく

2425
旅の日付
€38.190~
詳細はこちら