マダガスカル&マスカリン諸島への冒険の旅

旅の日付

2023 年 12 月 07日
2023 年 12 月 20日

13

14

料金(最安)

€6.740~
ポナンボーナス25%割引

クルーズコード

EX071223

マダガスカル&マスカリン諸島への冒険の旅

マダガスカル&マスカリン諸島への冒険の旅

旅の日付

2023 年 12 月 07日
2023 年 12 月 20日

13

14

料金(最安)

€6.740~
ポナンボーナス25%割引

クルーズコード

EX071223

マダガスカル&マスカリン諸島への冒険の旅

ポートルイス乗船 /  ポートルイス下船


優しい貿易風、ターコイズブルーの海、青々とした植物のきらめき、インド洋に浮かぶ島々の美しさには目を見張るものがあります。ル ジャックカルティエで巡るマダガスカル島とマスカリン諸島への14日間のエクスペディションクルーズが、夢のような美しい自然へとあなたをいざないます。


モーリシャスの海岸が少しずつ遠ざかり、船は華やかなマダガスカルへと到着します。インド洋最大の島の北東の水平線に、ノシ・ボラハ島が見えてきます。2世紀近くにわたりこの地域を占領していた海賊の時代も今となっては過去となり、今日ここは平和な熱帯の楽園そのものであり、はるか南方にあるノシ・ナト島は、まさに宝石のような島です。透明度の高いラグーンには珊瑚礁が広がり、天然のプールが点在しています。海水浴や、地元の人々との触れ合い、豊かな動植物との出会いなど、思い出に残る旅となるでしょう。この「偉大なる赤い島」と呼ばれるマダガスカルを去る前に、コロニアル建築の魅力で知られるタマタベを訪れます。


独特なシルエットを持つレユニオン島へ向かいます。ラグーンに囲まれた島を見下ろす火山は有名です。世界で最も活発な火山の一つであるピトン・ド・ラ・フルネーズ山へのオプショナルツアー(状況により決行)に参加すれば、目の前に広がるその景色に、まるで月に来たかのような気分を味わうことができるでしょう。クレーター周辺で見られる、溶岩で削られた大地の自然の美しさは息を飲むほどです。


「空の空虚さ、海の魅力、鳥、刀身のようなタコノキの葉、焼けた石、海、風から生まれる高揚感がこのロドリゲス島を形成しているのである」。インド洋の宝石のようなその美しさをジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ以上に巧みに表現できた人がいたでしょうか。その独特な雰囲気にどっぷりと浸かりながら、ポート・マチュラン市場に並ぶ色とりどりの果物や新鮮な魚などを眺めながら、素晴らしいひと時に身をゆだねてください。


旅の終わりは、モーリシャス島です。かつてフランス東インド会社の主要な貿易拠点の一つであったこの島の首都ポートルイスには、独特な多文化の遺産が多く残されています。市場には、香水、スパイス、ハーブティーやハーブなどが並び、豊かで多様な料理がつくりだされた背景を物語っています。

クルーズマップ

    ●マダガスカルからマスカリン諸島へ向かう新しいエクスペディションクルーズです。大自 然、豊富な動物、地元の文化を発見することができます。
    ●レユニオン島のポワン デ ガレ、ロドリゲス島のポート マチュラン、モーリシャス島 のポートルイスに停泊し、島の雰囲気や風習をじっくりと味わうことができます。
    ●ヤシの木が立ち並ぶ白砂のビーチ、緑豊かな植物、透明度の高いラグーン、絵に描いたよ うに美しい市場など、この独特な海の魅力が凝縮されている小さな島、ロドリゲス島のポー ト マチュランはポナンのクルーズ初寄港となります。
    ●マダガスカル北東部、その豊かで保存された固有動植物、そして豊かな文化、風習、伝統 に触れることができます。
    ●ユネスコの世界遺産に登録されているレユニオン島の先鋒群、圏谷群および絶壁群。
    ●経験豊富なインストラクターが同乗し、ダイビング(PADI オープンウォーターダイバー または同等レベル)を経験できる可能性があります。
続きを読む

ポートルイス
2023年12月7日 - ポートルイス
乗船:2023年12月7日 16:00~17:00
出港:2023年12月7日19:00


モーリシャスの北西海岸に位置するポートルイスは、多文化が共存する首都です。かつてイ ンドへの航路の寄港地であったこの街には、常に躍動的で、多くの文化的、歴史的な遺産が 残されています。また、アデレード要塞も必見です。ポートルイスの高台に位置し、16 世 紀に建てられたこの要塞は、国家遺産に指定されており、周囲を見渡す素晴らしい景色を楽 しむことができます。そこからほど近いパンプルムース植物園では、世界各地から集められ た数え切れないほどの植物を楽しむことができます。

終日航海
2023年12月8日 終日航海


洋上での一日は、船内の様々なサービスやアクティビティを存分にお楽しみください。スパ でのリラクゼーションや、フィットネスセンターで体を動かすのもお勧めです。季節によっ ては、プールや日光浴を楽しむのもいいでしょう。寄港のないこの日は、船内で開催される 講座やショーを楽しんだり、船内のブティックで買い物をしたり、専用スペースでポナンの フォトグラファーに会う機会もあるでしょう。また、海が好きな方は、船のアッパーデッキ で海を眺めるのもいいでしょう。運が良ければ海洋動物に出会えるかもしれません。快適さ と休息、そしてエンターテインメントを兼ね備えた、魅惑的な1日をお過ごしください。

サント マリー島
2023年12月9日 サント マリー島
入港:2023年12月9日
出港:2023年12月9日


マダガスカルの東海岸にあるサント マリー島は、この世に実在するエデンの園と言っても 過言ではありません。この穏やかな島は、青々と茂る植物、巨大な滝、贅沢な天然のプール など、息を飲むほど美しい風景にあふれており、多種のランが生息することでも知られてい ます。かつては海賊や囚人が滞在していた波乱に満ちた過去とは対照的な、穏やかな自然環 境が魅力的な島です。この寄港地では、特別に、自然の美しさで知られるイル オー ナッ ト島へのアクセスも可能です。

イル オー ナット島
2023年12月10日 - イル オー ナット島
入港:2023年12月10日
出港:2023年12月10日


イル オー ナット島は、マダガスカルのタマタベ県ノシ ボラハ島(サントマリー島とし ても知られる)の南に位置する珊瑚礁に囲まれた島です。緑豊かな植物と白い砂、透明度の 高いターコイズブルーのラグーンやシュノーケリングやダイビングを満喫できる海が美し いコントラストをなしています。海岸には天然のプールがあり、くつろぎの時間と海水浴を 楽しむことができます。また、小さな村々が点在する海岸沿いの道を散策してみるのもいい でしょう。

タマタベ(トゥアマシナ)
2023年12月11日 タマタベ(トゥアマシナ)
入港:2023年12月11日
出港:2023年12月11日


東部の州都であるアンタナナリボの北東 350km に位置するタマタベは、マダガスカル最大 の商業港です。19 世紀の面影を残す歴史的な美しい街並みと、コロニアル様式の建築物が 特徴的な、島で 2 番目に大きな都市です。バザーリ ケリーやバザーリ ベーと呼ばれる市 場の中心を人力車でまわると、その鼓動が伝わってくるでしょう。また、フランス植民地時 代の名残をとどめる見事なヤシの木が立ち並ぶインデペンデンス通りを歩くと、その独特 の魅力に圧倒されることでしょう。

終日航海
2023年12月12日 終日航海

洋上での1日をゆっくりとお楽しみください。

ポワント デ ガレ
2023年12月13日-2023年12月14日 ポワント デ ガレ
入港:2023年12月13日
出港:2023年12月14日


19 世紀末、ポワン デ ガレの港は 7 年の歳月をかけて建設され、その後にル ポールと いう町が誕生しました。また、ポワント デ ガレを指して「ポート レユニオン」という 呼ぶこともありますが、それはレユニオン島の主要港であるがゆえです。この港はフランス で唯一、海軍基地、旅客ターミナル、商業港、漁港、マリーナの 5 つの機能を持つ港なので す。港の旧市街には、レユニオン鉄道や港湾会社(1878 年)の旧社屋、海洋墓地、活気あ る市場などがあり、この地域の豊かな歴史に思いを馳せることができるでしょう。

終日航海
2023年12月15日 終日航海

洋上での1日をゆっくりとお楽しみください。

ロドリゲス島ポートマチュラン
2023年12月16日-2023年12月17日 ロドリゲス島ポートマチュラン
入港:2023年12月16日
出港:2023年12月17日


ポートマチェランは、マスカリン諸島の中で最も小さく、知る人ぞ知るロドリゲス島にある マスカリン諸島唯一の港です。インド洋の真ん中に位置するこの小さな土地には、手つかず の自然と野生の美しさが残っています。モーリシャス共和国に隣接するこの小さな魅力的 な地方都市では、人々は太陽のリズムに合わせて暮らし、永遠の時間が流れているように思 えます。スパイシーでフルーティーな香りが漂う町の大きな市場は、いつでも地元の人たち で賑わっています。この土地の郷土料理は、これまでにさまざまな影響を受けてきたこの土 地特有の味です。ぜひ市場に並ぶ食材で作られる郷土料理をお試しください。絵に描いたよ うに美しい港から、ロドリゲス島のゆったりとした風景、火山、深い渓谷、ターコイズブル ーのラグーンや隠れた入り江、珊瑚礁、ココナッツの木が並ぶ海岸へも足を延ばします。驚 くほど豊かな生物多様性を持つこの島は、自然を愛するすべての人にとっての楽園です。

終日航海
2023年12月18日 終日航海

洋上での一日をゆっくりとお楽しみください

ポートルイス
2023年12月19日-2023年12月20日 ポートルイス
入港:2023年12月19日
下船:2023年12月20日7:00


14 日間のインド洋のクルーズを終え、ポートルイスの港へ戻ってきました。心に残る思い 出に浸りながら下船します。

閉じる

STATEROOM

流氷

【日本人ガイド乗船】北緯90度の北極点を目指して

1718
旅の日付
€35.050~
詳細はこちら
流氷

【1/30(月)まで€1.800割引】【日本人ガイド乗船】
ウェッデル海の皇帝ペンギンに出会う旅

1214
旅の日付
€22.100~
詳細はこちら
流氷

グリーンランド北東部、未踏の海を訪ねて

1415
旅の日付
€19.910~
詳細はこちら
流氷

北西航路をゆく

2425
旅の日付
€38.190~
詳細はこちら