マダガスカルへの冒険の旅へ

旅の日付

2023 年 11 月 22日
2023 年 12 月 07日

15

16

料金(最安)

€8.340~
ポナンボーナス15%割引

クルーズコード

EX221123

マダガスカルへの冒険の旅へ

マダガスカルへの冒険の旅へ

旅の日付

2023 年 11 月 22日
2023 年 12 月 07日

15

16

料金(最安)

€8.340~
ポナンボーナス15%割引

クルーズコード

EX221123

マダガスカルへの冒険の旅へ

ビクトリア (マヘ島)/  ポートルイス


ポナンは、「島大陸」マダガスカルの魅力を発見するインド洋のエクスペディションクルーズにあなたをいざないます。ル・ジャックカルティエで巡るセーシェルからモーリシャスまでの16日間は、ビーチやダイビング、地元の人々との触れ合い、そして、滅多に訪れることができない素晴らしい自然美の中で固有の動植物と出会える思い出深い旅となるでしょう。


マヘ島のビクトリアを出航し、ラ・ディーグ島に向かいます。ヤシの木と花崗岩、白い砂や透き通った海に囲まれたラ・ディーグ島では、セーシェルの絵葉書のような美しい景色が待っています。


その後、マダガスカル北端に向けて船を進めます。ノシ・ハラ島、ノシ・コンバ島、ノシ・タニケリ島の各海洋公園には、その美しい無人島やサンゴ礁、水中生物の宝庫として知られています。


マジュンガでは、多くの野鳥やキツネザルが生息するアンカラファンチカ国立公園を探検します。


まるで絵に描いたように美しく豪華なベロ・シュール・メールの街を散策した後、ル・ジャックカルティエは、マダガスカル南西部のユネスコ生物圏保存地域に向け出航します。オニラフ川の河口に近いトゥリアラでは、その特有の植物生態系が特徴的な美しい自然をお楽しみください。


サロドラノにある砂丘に囲まれた広大なビーチでは、地球上で最後の「海の遊牧民」と呼ばれるベゾ族との特別な出会いを体験することができます。彼らの漁村や先祖代々から伝わる海にまつわる知恵について知ることができます。


ターコイズブルーの海、壮大なサンゴ礁が美しいノシ・ベ島には、アカオネッタイチョウの大群が生息しています。


レユニオン島のポワント・デ・ガレに寄港した後、ル・ジャックカルティエはモーリシャスのポートルイスに到着し、忘れることのできない16日間のクルーズが終わります。


上記の野生動物との出会いは、その可能性を示すものであって保証するものではありません。

クルーズマップ

    ●マダガスカルの豊かな自然と、伝統を受け継いできた人々に出会うクルーズです。
    ●経験豊富なナチュラリスト ガイドのチームによる、ゾディアックでの船外活動や海岸へ の上陸。
    ●ユネスコ世界遺産:マダガスカル南西部の生物圏保存地域(ベロ シュール メール、ト ゥリアラおよびサロドラノの海岸線、ノシ ベ島)、レユニオン島の先鋒群、圏谷群および 絶壁群訪問。
    ●珊瑚礁、ラグーン、熱帯雨林やサバンナ、白砂のビーチ、花崗岩の島、火山など、さまざ まな風景と出会うでしょう。
    ●セーシェルには、大きな花崗岩やヤシの木に囲まれたラ ディーグ島で最も有名なビーチ、 アンス スース ダルジャンがあります。
    ●マダガスカルでは、色とりどりの魚やアオウミガメ、ワオキツネザルやエリマキキツネザ ル、バオバブの木、カメレオン、アカオネッタイチョウ、ホウシャカメなどの固有動植物が 生息しています。
    ●地球上で最後の「海の遊牧民」であるベゾ族との特別な出会いを経験できます。
    ●船上で経験豊富なインストラクターとダイビング(PADI Advanced Open Water Diver ま たは同等レベル)、エクスペディションチームとのシュノーケリングの可能性があります。
続きを読む

マヘ島ビクトリア
2023年11月22日 -マヘ島ビクトリア
乗船:2023年11月22日16:00から17:00
出港:2023年11月22日18:00


マヘ島はセーシェルの主要な島であり、首都ビクトリアがある群島最大の島です。マヘ島に は、花崗岩で縁取られた美しい砂浜が 70 ヶ所ほどあり、透明度の高い海はその豊かな生態 系で知られています。また、インド洋を見下ろす標高 905m のセーシェル山など、ハイキン グで楽しめる山からの広大な景色も有名です。マヘ島はまた、コロニアル様式の建物やクレ オール様式の家など、歴史に彩られた島でもあります。ビクトリアの植物園もぜひ訪れてみ てください。

ラ ディーグ島
2023年11月23日 ラ ディーグ島
入港:2023年11月23日
出港:2023年11月23日


ラ ディーグ島は、まさにセーシェルの美しさを凝縮したような島です。プララン島の南東 6km に位置する楽園のようなこの小さな島は、5km×3km という小さなサイズにもかかわ らず、セーシェルで 3 番目に大きな島です。ターコイズブルーの海、緑豊かな植物のもとに 生息するゾウガメ、ヤシの木に縁取られたさらさらの砂浜、有名なアンス スース ダルジ ャンにも見られる大きな花崗岩に囲まれた、絵葉書のように美しい島です。自転車、そして 伝統的な牛車が小道を行き交う、ゆったりとした時間の流れる島での滞在をお楽しみくだ さい。

終日航海
2023年11月24日 - 終日航海
2023年11月25日 - 終日航海


洋上での一日は、船内の様々なサービスやアクティビティを存分にお楽しみください。スパ でのリラクゼーションや、フィットネスセンターで体を動かすのもお勧めです。季節によっ ては、プールや日光浴を楽しむのもいいでしょう。寄港のないこの日は、船内で開催される 講座やショーを楽しんだり、船内のブティックで買い物をしたり、専用スペースでポナンの フォトグラファーに会う機会もあるでしょう。また、海が好きな方は、船のアッパーデッキ で海を眺めるのもいいでしょう。運が良ければ海洋動物に出会えるかもしれません。快適さ と休息、そしてエンターテインメントを兼ね備えた、魅惑的な1日をお過ごしください。

ノシ ハラ島
2023年11月26日 ノシ ハラ島
入港:2023年11月26日
出港:2023年11月26日


ノシ ハラ島は、マダガスカル特有の「ツィンギー」と呼ばれる海面からそそり立つ石灰岩 の奇岩が特徴的で、その奇岩を見れば一目でノシ ハラ島と分かるでしょう。マダガスカル の北西に位置するこの島は、その稀有な生物多様性から保護区に指定されています。約 280 種の海洋生物が生息する、まさに天然の水族館です。岩の柱に囲まれた白砂や小石のビーチ は深い青色が美しく、世界から切り離されたかのようにゆったりとした時が流れています。 この手つかずの宝石のような魅力は、特別な体験として思い出に残るでしょう。シュノーケ リングするにも絶好のロケーションです。

ノシ コンバ島
2023年11月27日 ノシ コンバ島
入港:2023年11月27日
出港:2023年11月27日


クルーズ中に、「キツネザル島」としても知られるノシ コンバ島に立ち寄ります。マダガ スカル本土からそれほど遠くないこの島は、ゾウガメの甲羅のような形をした火山島で、熱 帯雨林が密生しています。ここは、オレンジ色と茶色の毛皮で覆われたクロキツネザルが生 息しており、驚くほどすばしっこく、木々の間からお互いを呼び合っています。たくさんの 小さなビーチとエメラルド色の海は、ノシ コンバ島を訪れた人だけが見つけられる自然の 宝石といえるでしょう。

ノシ タニケリ島
2023年11月27日 ノシ タニケリ島
到着:2023年11月27日
出発:2023年11月27日


ノシ ベ群島の中心に位置する「小さな地球の島」とも呼ばれるノシ タニケリ島は、透明 度の高いラグーンに囲まれた美しい白砂のビーチの島です。無人島であるノシ タニケリ島 は、海と陸の生物多様性に富んでいます。そのため、2010 年から「海洋・沿岸保護区」に 指定されています。海水浴やシュノーケリングには絶好のスポットです。島の頂上まで登れ ば、20 世紀初頭に建てられた古い灯台があり、海や周囲の島々を見渡す絶景を楽しむこと ができます。

マジュンガ
2023年11月28日 マジュンガ
入港:2023年11月28日
出港:2023年11月28日


マダガスカル西海岸の活気ある国際都市マジュンガは、マハジャンガとも呼ばれ、多様性に 富んだ非常に興味深い寄港地となるでしょう。かつてのサカラヴァ王国の首都であり、アフ リカと中東を結ぶ重要な交流の場であったこの街は、まるで文化のパッチワークのような 街です。また、多くの動植物の固有種が生息するアンカラファンチカ国立公園や、国家遺産 に指定された巨大な赤砂岩のシルク ルージュなど、自然も豊かな街です。

終日航海
2023年11月29日 終日航海


洋上での一日をゆっくりとお楽しみください。

ベロ シュール メール
2023年11月30日 - ベロ シュール メール
入港:2023年11月30日
出港:2023年11月30日


ナベ地方の南西、モロンダバ地区にあるベロ シュール メールは、まるで絵に描いたよ うに美しい場所です。マングローブに縁取られた半島は、さらさらの砂浜や岩場に囲まれた ビーチや、深い青や澄んだ緑へと色を変える海の色が特徴的です。ここの漁村は、マダガス カルの伝統的な帆船であるダウ船で知られており、地元の職人によって造られています。こ の船が浜辺を行き交う光景は、この村の暮らしのリズムであり、独特の魅力を放っています。

トゥリアラ
2023年12月1日-2023年12月2日 -トゥリアラ
入港:2023年12月1日
出港:2023年12月2日


マダガスカル島の南西、オニラヒ川の河口近くに位置するトゥリアラは、モザンビーク海峡 に面した港町です。数世紀前から人が住み、19 世紀の植民地時代に繁栄したトゥリアラは、 手つかずの自然と植物に恵まれた陽気な町です。その豊かな植物相は、植物好きにはたまら ないでしょう。1,000 種近いマダガスカルの植物(その 9 割が固有種)を集めたアンツォカ イ樹木園にはぜひ立ち寄ることをお勧めします。文化遺産も豊富で、マハファリ民族学博物 館や海洋博物館などの興味深い博物館もあります。

サロドラノ 2023年12月2日 - サロドラノ
サロドラノ 2023年12月2日 - サロドラノ
入港:2023年12月2日
出港:2023年12月2日 入港:2023年12月2日 出港:2023年12月2日


サロドラノは、マダガスカル南西部のアッツィモ アンドレファナのオニラヒ川の河口にあ る小さな村です。ベゾ族の漁師たちが暮らすこの村は、人里離れた場所にある自然そのまま の魅力が残る地域です。「海の遊牧民」と呼ばれるベゾ族の漁師が、先祖から伝わる知恵を 駆使してアウトリガーカヌーに乗って漁をするなど、海藻を養殖するその暮らし方に魅了 されることでしょう。潮によっては海からわずか 10 メートルのところにある淡水の池と、 サロドラノの聖なる洞窟を見つけることができるかもしれません。

ノシ ベ島
2023年12月3日 ノシ ベ島
入港:2023年12月3日
出港:2023年12月3日


マダガスカルのアナカオ村から 5km のところにあるノシ ベ島は、手つかずの自然が残る 美しい楽園です。全長 2km のサンゴ礁に位置するこの島は、アカオネッタイチョウと呼ば れる固有種の鳥の営巣地があります。ノシ ベ島はこの希少なアカオネッタイチョウの種が 繁殖する世界で唯一の島であることから、自然保護区に指定されています。島に設置された ダックボードからは、マダガスカルの宝石のような森に隠れている鳥を観察することがで きます。また、天然のプールが点在するこの楽園でシュノーケリングをすれば、サンゴや魚、 ウミガメに出会えるかもしれません。

終日航海
2023年12月4日 終日航海
2023年12月5日 終日航海


洋上での一日をゆっくりとお楽しみください。

ポワント デ ガレ
2023年12月6日 ポワン デ ガレ
入港:2023年12月6日
出港:2023年12月6日


19 世紀末、ポワン デ ガレの港は 7 年の歳月をかけて建設され、その後にル ポールと いう町が誕生しました。また、ポワント デ ガレを指して「ポート レユニオン」という 呼ぶこともありますが、それはレユニオン島の主要港であるがゆえです。この港はフランス で唯一、海軍基地、旅客ターミナル、商業港、漁港、マリーナの 5 つの機能を持つ港なので す。港の旧市街には、レユニオン鉄道や港湾会社(1878 年)の旧社屋、海洋墓地、活気あ る市場などがあり、この地域の豊かな歴史に思いを馳せることができるでしょう。

ポートルイス
2023年12月7日 - ポートルイス
入港:2023年12月7日早朝
下船:2023年12月7日


モーリシャスの北西海岸に位置するポートルイスは、多文化が共存する首都です。かつてイ ンドへの航海への寄港地であったこの街には、多くの文化的、歴史的な遺産が残っています。 地元の名産や手工芸品が売られている町の市場はもちろん、アデレード要塞も必見です。ポ ートルイスの高台に位置し、16 世紀に建てられたこの要塞は、国家遺産に指定されており、 周囲を見渡す素晴らしい景色を楽しむことができます。そこからほど近いパンプルムース 植物園を訪れれば、世界各地から集められた数え切れないほどの種類の植物を見ることが できます。

閉じる

STATEROOM

流氷

【日本人ガイド乗船】北緯90度の北極点を目指して

1718
旅の日付
€35.050~
詳細はこちら
流氷

【1/30(月)まで€1.800割引】【日本人ガイド乗船】
ウェッデル海の皇帝ペンギンに出会う旅

1214
旅の日付
€22.100~
詳細はこちら
流氷

グリーンランド北東部、未踏の海を訪ねて

1415
旅の日付
€19.910~
詳細はこちら
流氷

北西航路をゆく

2425
旅の日付
€38.190~
詳細はこちら