アラビア湾の宝を訪ねて

旅の日付

2023 年 12 月 29日
2024 年 1 月 05日

7

8

料金(最安)

€4.190~
ポナンボーナス20%割引

クルーズコード

EG291223

アラビア湾の宝を訪ねて

アラビア湾の宝を訪ねて

旅の日付

2023 年 12 月 29日
2024 年 1 月 05日

7

8

料金(最安)

€4.190~
ポナンボーナス20%割引

クルーズコード

EG291223

アラビア湾の宝を訪ねて

ドーハ乗船 / マスカット下船


ペルシャ湾に浮かぶポナンの船で、特別な大晦日を過ごしてみませんか。


果てしなく広がる不毛なアラビア砂漠。そこに現れる蜃気楼のように、ペルシャ湾の水平線に都市が浮かび上がります。アラブ首長国連邦の国々はそれぞれに異なる魅力に満ちており、その違いは、金色に輝く海岸線の岩を打つターコイズブルーの海のように、美しくドラマチックです。ル・ブーゲンビル号に乗り、巨大都市やかつての交易拠点、砂漠の焼け付く太陽が形作った自然遺産を訪れる8日間の船旅に出発です。


アラブ首長国連邦の都市を形容する表現は数えきれません。「煌びやか」、「現代的」、「豪華」。これらはそのうちのほんの一部に過ぎません。斬新で未来的な建築物の最高峰が見せる光景は、訪れる人々を心躍らせる驚きに満ちた世界に導いてくれます。ドバイでは、世界一の高さを誇るブルジュ・ハリファをはじめ星に届きそうなほどの超高層ビルや、ヤシの木を模した巨大な人口島に圧倒されるでしょう。美しいアブダビでは、フランス・ルーブル美術館初の海外別館であるルーブル・アブダビ美術館や、「アラビアン・ナイト」の世界そのままのシェイク・ザイード・グランド・モスクなど、豊かな文化を体感することができます。


オマーン・スルタン国は、他の首長国が持つ大胆さとは一線を画し、慎ましさを感じさせる国です。伝説の船乗り、シンドバッドの王国であるオマーンにとって、海はいつの時代も特別な意味を持っています。漁師たちは古くからの伝統を守り、それに従った帆船作りが今日も続いています。ハサブを出港し、ムサンダム半島を囲む「フィヨルド」、海と砂漠の間に現れる複雑に入り組んだ海岸線を進みます。スールの港を出れば、「ワディ」と呼ばれる、ヤシの緑豊かなオアシスが作り出す影と涼に魅了されることでしょう。ディマニヤット諸島では、ウミガメが営巣にやってくる穏やかで美しい海で、ダイビングやシュノーケリングを楽しむことができます。首都マスカットでは、街に漂う東洋の香りや乳香の香りにうっとりし、マーケットに溢れる色彩に心を奪われ、様々な店がひしめき合う賑やかなスークに惹きつけられることでしょう。中近東には、その地に伝わる優れた詩の数々を思い起こさせる魅力に溢れた世界が広がっています。

クルーズマップ

    ●アラブ首長国連邦とオマーンの都市を巡り、未来的な建築物や歴史深いかつての交易都市、 美しい自然を訪ねるクルーズです。
    ●アブダビに一泊し、アラブの文化的中心を担う壮麗なルーブル アブダビ美術館や、シェイク ザイード グランド モスクを訪ねます。
    ●伝統と現代が交わる、イスラム文化の「宝」を探索します。
    ●美しい景観と豊かな海洋生物で知られる海洋保護区、ディマニヤット諸島に初寄港します。ポ ナンのクルーズだからこそ可能な寄港地です。
    ●長い歴史を持つ漁港、スールを訪れ、オマーンの伝統的な手法を今日も守る造船所の見学 や、砂漠の中心に広がる「ワディ」と呼ばれるオアシス散策を予定しています。
    ●渓谷、オアシス、砂漠砂丘に囲まれた、「アラビアのフィヨルド」と呼ばれるムサンダムフィヨルド を遊覧します。
    ●クルーズ終了後、下船地マスカットから、スルタン カブース グランド モスクとニズワ砦の訪問 を予定しています。
続きを読む

2023年12月29日
ドーハ
乗船:2023年12月29日午後4時-午後5時
出港:2023年12月29日午後6時


ペルシャ湾岸の街、ドーハ。カタールの首都であり、砂漠から誕生したこの街は、近代化の熾烈な レースをよそに、その伝統を貫いてきました。ドーハ湾を隔てる断崖から、巨大なビルが立ち並ぶ 街の中心部の煌びやかな景色を臨みます。ダウ船と呼ばれる、この地域特有の帆船が停泊する埠 頭近くには、イスラム美術館のシルエットが浮かび上がります。パリ ルーブル美術館に置かれたル ーブル ピラミッドの設計者として知られるアメリカ人建築家、イオ ミン ペイ氏がデザインしたこのド ーハ湾の「要塞」は、世界中に類を見ないイスラム美術品を収蔵する美術館です。程近くにある賑 やかなスーク ワキーフと、そこに軒を連ねるカラフルな店々も、訪れたいスポットです。

2023年12月30日-2023年12月31日
アブダビ
入港:2023年12月30日正午
出港:2023年12月31日深夜


アラブ首長国連邦の政治的中心であるアブダビは、優れた文化的資源が集まる特別な都市です。 中でもサディヤット島は、アブダビの文化的中心を担っています。美術館・博物館の町として、建築 家ジャン ヌーヴェル氏が伝統的なアラブ建築に触発され設計したルーブル アブダビ美術館には、 訪れる人々に普遍的で重要な問いを投げかける、世界中の文明を代表する美術・芸術作品が収 められています。そこから少し足を延ばせば、大理石や金、ガラスをふんだんに用いた豪華絢爛な 装飾を誇るシェイク ザイード グランド モスクを訪れることができます。また、アブダビは、15 万本 のナツメヤシが生い茂るアル アイン オアシスへの玄関口でもあります。新石器時代以降、遊牧民 たちがここに暮らした証であり、この素晴らしい文化遺跡は、ユネスコ世界遺産に登録されていま す。

2024年1月1日
ドバイ
入港:2024年1月1日早朝
出港:2024年1月1日夜


目の回るような、過剰な、極端な・・・などと表現されることもある、アラブ首長国連邦最大の都市、ド バイ。ここは、建築物の新奇さで世界に際立つ街です。ここに、エッフェル塔の約 3 倍、全高 828 メ ートルと世界随一の高さを誇る超高層ビル、ブルジュ ハリファがそびえ立ちます。ヤシの木を模し た巨大な人口島、パーム アイランドも有名です。古きドバイを知るには、それほど遠くないデイラ地 区のスーク(市場)やゴールド スークを訪れるのがおすすめです。18 世紀に建造された要塞に立 つドバイ博物館もまた、素晴らしい訪問地です。古代から現代に至る、この街の壮大な歴史を語っ てくれます。

2024年1月2日
ハサブ
入港:2024年1月2日早朝
出港:2024年1月2日午後早く


オマーン スルタン国の北、ムサンダム半島に位置する都市ハサブ。ペルシャ湾とオマン湾を結ぶ ホルムズ海峡にあり、16 世紀にポルトガルによってワディ ハサブの入り口に築かれた小さな港で す。その周囲はごつごつとした岩山に囲まれています。素晴らしい景観を誇り、「アラビアのノ ル ウ ェ ー 」 と 呼 ば れ る 、 フ ィ ヨ ル ド の よ う に 複 雑 に 入 り 組 ん だ 海 岸 線 の 景 色 が 特 に 美 し く 、 人々の心を惹きつけます。ハサブ城とその型破りな建築もまた、オマーンの歴史と文化を知る上 で貴重な観光資源です。

2024年1月3日
ディマニヤット諸島
入港:2024年1月3日早朝
出港:2024年1月3日夕方前


オマン湾のターコイズブルーに輝く海に、ディマニヤット諸島が浮かびます。1980 年代に、自然保 護区に指定されました。オマーンの首都マスカット沖、約 40 キロのところに浮かぶこの島々は、ご つごつとした海岸線が天然のプールを作り、そこには驚くほど多種多様な生物が生息しています。 点在する様々な種類のサンゴ礁、巣を作りにやってくるウミガメ、ありとあらゆる種類の魚たちが彩る 海は、ダイビングやスキューバダイビングに恰好のスポットです。ごつごつとした岩山には、固有種 と渡り鳥を含め、数多くの鳥たちが集まってきます。

2024年1月4日
スール
入港:2024年1月4日早朝
出港:2024年1月4日夕方


スールは、オマーン スルタン国の北東部、オマン湾沿岸の入り江の両側に広がる港湾都市です。 海峡で海と結ばれたこの港は、6 世紀以降長い間にわたり、アフリカやインドとの定期的な交易に 利用されていました。スールは、オマーンの都市の中で唯一、オマーン伝統のボートヤードを守 り 続 け て き ま し た 。 そ の ボ ー ト ヤ ー ド で は 、 ダ ウ 船 と 呼 ば れ る 木 製 の 帆 船 が 手 作 り さ れ て います。海辺に点在する真っ白な家々や、マスカットへとつながる道路沿いの丘に築かれた要塞も、 この街の魅力となっています。

2024年1月5日
マスカット
入港:2024年1月5日早朝
下船:2024年1月5日午前7時


オマーン スルタン国の首都マスカットは、近隣の大都市とは異なり、高い建物や超高層ビルの建 設を禁止し、背の低い家、ドーム型の屋根、マシュラビーヤと呼ばれるアラビア建築の窓、木造の バルコニーなど、伝統的で洗練された建築スタイルに磨きをかけるという選択をしました。かつては、 16 世紀にポルトガルが建設した要塞と周囲の山々に守られる小さな臨海都市でしたが、伝統を大 切にする姿勢によって、現在のマスカットはさらに魅力ある都市となっています。ムトラの旧市街に あるスークやスルタン カブース グランド モスクに象徴される、オマーンの伝統技術が生み出した 数々の美に魅了されること間違いないでしょう。

閉じる

STATEROOM

流氷

【日本人ガイド乗船】北緯90度の北極点を目指して

1718
旅の日付
€35.050~
詳細はこちら
流氷

【1/30(月)まで€1.800割引】【日本人ガイド乗船】
ウェッデル海の皇帝ペンギンに出会う旅

1214
旅の日付
€22.100~
詳細はこちら
流氷

グリーンランド北東部、未踏の海を訪ねて

1415
旅の日付
€19.910~
詳細はこちら
流氷

北西航路をゆく

2425
旅の日付
€38.190~
詳細はこちら