初航路!南極大陸の東部へ

期間

2026 年 2 月 17日
2026 年 3 月 17日

28

29

料金(最安)

€43.060~
ポナンボーナス20%割引

クルーズコード

CC170226

初航路!南極大陸の東部へ

初航路!南極大陸の東部へ

期間

2026 年 2 月 17日
2026 年 3 月 17日

28

29

料金(最安)

€43.060~
ポナンボーナス20%割引

クルーズコード

CC170226

初航路!南極大陸の東部へ
タスマニア島ホバート[オーストラリア]乗船 / ケープタウン[南アフリカ]下船

 

神話的な探検の舞台で地球上で最も魅力的な野生生物の住む南極東部は、いまだ多くの未踏の地域があります。タスマニアと南アフリカ間、太平洋と大西洋を結ぶこの29日間の南極半周クルーズで感動の時間をお楽しみください。

氷山がきらめく水に雄大に漂い、氷河はゆっくりと流れ数千年前の時間を感じさせてくれます。探検家ジュール・デュモン・デュルヴィルや、エーリッヒ・フォン・ドライガルスキー、ケープ・デニソンで越冬したオーストラリアの伝説的な極地探検家ダグラス・モーソンなど、偉大な探検家たちの足跡をたどる究極の旅となるでしょう。クルーズ中、専門家チームが、野生動物や風景、歴史についても詳しくご説明します。

極地探検の出発地はホバート。沿岸の流氷、漂流する氷山、地球上最大の氷床(東南極氷床)の間を氷の状況を見ながら隔絶された地域を進み、オーストラリアの南極基地・ケーシー基地とデイビス基地近くを通ります。氷に覆われた南氷洋では、氷の山々が永遠の歩哨のようにそびえ立ち、アデリーペンギンが流氷を見守り、ザトウクジラやシャチが未踏の地平へと精神を導いているかのようです。
南極大陸東部の航海を続けると、流氷と氷は姿を消し、外洋航行への道が開けます。
船は南氷洋を後にし、ジュリアン・クロゼット、マルク・マリオン・デュフレーヌ、イヴ・ド・ケルゲレン、ジェームズ・クックなど、「テラ・アウストラリス・インコグニタ」を求めてヨーロッパからやってきた偉大な探検家たちの足跡をたどります。フランス領南方・南極地域に到達するチャンスがあるかもしれません。五感が研ぎ澄まされ、きらめく流氷、荘厳な板状の氷山、記念碑のような棚氷、壮大な極地の氷冠の光景に魅了されることでしょう。白の大陸の美しさがその完全な輝きを現す、時が止まったような特別な時間です。

天候と氷のコンディションに大きく左右される極限の地を訪れるクルーズです。航路は、遭遇する氷の種類によって決定します。定着氷を保護するため、状況を見ながら日々旅程を組みます。航行スケジュール、上陸、アクティビティ、野生動物との遭遇は、天候や氷の状態によって左右されます。これらの体験はクルーズによって異なります。船長とエクスペディション・リーダーは、IAATOの安全規則と指示を遵守しながら、お客様の体験が可能な限り豊かなものとなるよう最善を尽くします。

続きを読む

High Lights

ハイライト

クルーズマップ

    ●太平洋、南氷洋、インド洋に挟まれた白い大陸の氷や保護区へのクルーズです。
    ●南極大陸の東海岸を航行します。静寂の中、かわりゆく風景、多様な氷の形や状態を観察する貴重な体験をお楽しみください。
    ●偉大な探検家や船乗りの足跡をたどり、彼らの伝説を追体験しましょう。
    ●ナチュラリストガイドとゾディアックボートで遊覧や沿岸への上陸。
    ●極地の動植物や歴史のスペシャリストである専門家のレクチャー。
    ●様々なアクティビティ:ハイキングやスノーシュー、氷上の海岸見学、ポーラーブランジ、カヤック。
    ●地球上最大の氷床(東南極氷床)。
    ●ザトウクジラ、アザラシ、シャチ、ペンギン(コウテイペンギン、ジェンツーペンギン、アデリーペンギン、アゴヒゲペンギン、マカロニペンギン)、アホウドリなどを観察できる可能性があります。
    ●南半球を半周して、白の大陸をご覧ください。南極半周の前半コースもあります。
    * 旅程、上陸、野生動物との遭遇、アクティビティは天候や氷の状態によって異なります。
続きを読む

Cruise Schedule

クルーズスケジュール

タスマニア島ホバート
乗船:2026年2月17日 午後4時▶午後5時
出航:2026年2月17日 午後6時

タスマニア州の州都ホバートは、シドニーに次いでオーストラリアで2番目に古い都市でダーウェント川の河口に位置します。雄大なウェリントン山がそびえ、自然の草原地帯に囲まれた素晴らしいロケーションです。絵のように美しいウォーターフロントには、19世紀の倉庫や植民地時代の邸宅が並んでいます。サラマンカ・プレイスにはショップ、ギャラリー、レストランが立ち並び、魅力的な新旧芸術博物館(MONA)は岸壁からフェリーですぐのところにあります。ホバートからは、歴史あるポート・アーサーや起伏に富んだタスマン半島、ブルーニー島、ヒューオン・ヴァレー、ダーウェント・ヴァレー、マウント・フィールド国立公園など、タスマニアで最も有名な観光地へも簡単に行くことができます。

2026年2月18日▶2026年2月21日
ル コマンダン シャルコーにて終日航海

ル コマンダン シャルコーの船上で、特別な時間をお過ごしください。この船は、世界初のラグジュアリー極地探検船であり、世界で唯一「PC2(極域クラス)」の格付けを持つ客船として認定された砕氷船です。通常の客船ではアクセスできない極地条件の下、氷に閉ざされた海洋を安定的に航行する機能を備えています。各分野の専門家が選び抜いた、海洋科学に基づく装備を有する船です。船上で行われる講義やディスカッションで、専門家と共に、極地についての知識を深めましょう。参加型の極地科学調査も予定しています。美しい極地のまだ知られざる魅力を、ル コマンダン シャルコーの旅で発見しましょう。

2026年2月22日▶2026年2月23日
アデリーランド

アデリーランドは東経 136 度から 142 度にかけての範囲に広がる、面積約 40 万㎢の白い大陸であり、フランスが領有権を主張しています。ペトレル島には、1840 年にこの地域を調査したフランス人探検家にちなんで名付けられた研究基地、デュモン デュビル基地があります。冬の間、数人の科学者が、アデリーペンギンやアザラシ、シャチ、コウテイペンギンと共に、不毛な南極砂漠に暮らします。世界の果てにあるこの土地では、極度の低気温と暴風やブリザードに象徴される厳しい気候条件によって、分厚い氷盤に守られた海岸部へのアクセスは困難です。この貴重な環境を探索できる人間はごくわずかです。その一人となり、極地が繰り広げる科学の世界を探検し、太陽の日差しを受ける氷が光り輝く様を堪能しながら、世界の最南端に広がる力強くもはかない世界をご体験ください。

2026年2月24日
南磁極(磁気的南極点)

2026年2月25日▶2026年2月26日
アデリーランド

地球の磁力線の収束点である南磁極は、コンパスの磁針が示す南極です。地理的な南極点が南緯90°の地点で、地球の自転軸と地表の交点を示すのに対し、南磁極は時間とともに移動しています。磁場は、溶けた金属でできている地球の外核から発生した電流が対流し、互いに影響を及ぼしているためです。1838年、水路測量技師のヴァンサンドン デュムランが、磁気の傾きを計算し、この磁極の位置を突き止めたのは、フランスのデュモンデュビル探検隊が、有名な船「アストロラーベ」と「ラ ゼレー」で南極を探検したときのことでした。 南磁極を探し、運がよければ到達を試みます。 その後再びアデリーランドを訪れます。

2026年2月27日▶2026年2月28日
ウィルクスランド

1838年から1842年にかけて行われたアメリカ人探検家チャールズ・ウィルクスの探検の足跡をたどってみましょう。科学者にとってまさに情報の宝庫であるこの隔絶された土地は、コケと地衣類だけがなんとか適応し、ツンドラを形成しています。天を仰ぐ氷の山々から、南氷洋まで続く広大な氷河、凍った海を静かに漂う氷山まで。他に類を見ないこれらの風景は、きっとあなたを魅了することでしょう。

2026年3月1日
シャクルトン棚氷に沿いを航行

シャクルトン棚氷の幻想的な光景をお楽しみください。極地探検のために設計されたル コマンダン シャルコーのラグジュアリーで快適な船内から、南極の広大な氷の大地を目の前に広がる光景を見ることができます。この地は厳粛な静寂に包まれており、棚に沿って漂う氷山の砕ける音が遠くに聞こえるだけです。この氷の海で繁栄するクジラ、アザラシ、ペンギンなど多くの哺乳類を観察するチャンスもあるでしょう。

2026年3月2日▶2026年3月4日
クイーンメリーランド

クイーンメリーランドは南極大陸の東岸、フィルヒナー岬とホーダン岬の間の場所をさします。1912年、ダグラス・モーソンの南極探検で発見されたこの地域の中心部では、氷の山々が巨大な彫刻のようにそびえ立ち、南の太陽の光を浴びて輝いています。氷河はガラスの川のようにうねり、美しいな景観を形作っています。 この凍てつく地では、コウテイペンギンのコロニーが海岸に集まり、ヒョウアザラシが流氷の上で水浴びをし、クジラが優雅にその海をすり抜けていく様子をたびたび目にすることができます。

2026年3月5日▶2026年3月7日
ル コマンダン シャルコーで終日航海

航海日をお楽しみください。

2026年3月8日▶2026年3月9日
フランス南極・南極大陸

2026年3月10日
ル コマンダン シャルコーで終日航海

2026年3月11日
フランス南極・南極大陸

南緯37度線と50度線に挟まれた南極の氷に覆われた広大な土地と、クローゼ諸島からケルゲレン諸島までが、フランス領南極・南極地域です。ジュリアン・クロゼット、マルク・マリオン・デュフレーヌ)、ジェームズ・クックといった、「テラ・アウストラリス」を探検した偉大なヨーロッパの探検家たちの足跡をたどり、ユネスコの世界遺産に登録されている火山地帯を探検しましょう。生物多様性の聖域では、雄大な氷山が儚い彫刻のように佇み、静かな時の流れの証人となる一方、キングペンギンやゾウアザラシは、この人を寄せ付けない土地の主となり巨大なコロニーがビーチに生息しています。

2026年3月12日▶2026年3月16日
ル コマンダン シャルコーで終日航海

航海日をお楽しみください。

2026年3月17日
ケープタウン
入港:2026年3月17日
下船:2026年3月17日 午前8時

ケープタウンは「南アフリカのるつぼの真髄」と人々は言います。世界で最も美しい湾の中心に位置するテーブルマウンテンがそびえ立つケープタウンには、大西洋に落ち込む断崖絶壁や広大な白砂のビーチなど、素晴らしい景観が広がっています。ファッション、生活芸術、美食の中心地です。さらに足を延ばせば、喜望峰自然保護区があり、様々な固有種の動植物が生息しています。

続きを読む

STATEROOM

PONANT MOMENTS

おすすめクルーズ

流氷

オーストラリアの秘境、キンバリーを訪ねて

1011
期間
€8.550~
詳細はこちら
流氷

オーストラリアの秘境、キンバリーを訪ねて

1011
期間
€8.050~
詳細はこちら
流氷

タヒチ周遊 マルケサス諸島・ツアモツ諸島・ソシエテ諸島

パペーテ[タヒチ島] 乗船 / パペーテ[タヒチ島]下船
1415
期間
€7.180~
詳細はこちら
流氷

バフィン湾の神秘

カンゲルルススアーク[グリーンランド]乗下船<...

1314
期間
€16.690~
詳細はこちら