アテネからリスボンへ 地中海横断クルーズ

期間

2024 年 10 月 10日
2024 年 10 月 21日

11

12

料金(最安)

€6.000~
ポナンボーナス5%割引

クルーズコード

AU101024

アテネからリスボンへ 地中海横断クルーズ

アテネからリスボンへ 地中海横断クルーズ

期間

2024 年 10 月 10日
2024 年 10 月 21日

11

12

料金(最安)

€6.000~
ポナンボーナス5%割引

クルーズコード

AU101024

アテネからリスボンへ 地中海横断クルーズ
アテネ[ギリシャ]乗船 / リスボン[ポルトガル]下船

 

12日間のクルーズでは、地中海とその文明に驚かされることでしょう。交流の交差点であり、分断の地でもある地中海は、魅力的な文化が織り成す独特の生活様式の発祥地でもあります。

アクロポリスと、古代ギリシャが世界に遺した素晴らしい建築と芸術の遺産が残る神話の都市アテネで乗船します。

コリントス運河を通航し、イテアに到着。船内では専門家がパルナッソス山斜面の遺跡デルフィの歴史のレクチャーもあります。

シチリア島・華やかなパレルモは、12世紀に建てられた大聖堂やヨーロッパ最大級のオペラハウス、テアトロ・マッシモなどの歴史的建造物が、独特の賑やかな雰囲気と調和しています。

地中海の島々の最後は、サルデーニャ島の首都であり、地中海最大の天然港のひとつであるカリアリ。その歴史的中心都市は、階段、光あふれる小さな広場、中世の栄華を偲ばせる遺跡など、魅力にあふれています。

バレアレス諸島のメノルカ島に寄港します。島の首都マホンは、その古い歴史と、全長6キロメートルに及ぶ地中海最大の港に魅了されることでしょう。少し足を伸ばせば、"白い島 "イビサがあり、野生の入り江や白いフィンカの村など、ユネスコの世界遺産に登録されている美しい自然のとりこになることでしょう。

カルタヘナのローマ遺跡のあとは、コスタ・デル・ソルの活気ある首都マラガ、カディスへ。岩の上に築かれたこの国最古の町のひとつで、地中海の影響を受けながら、波乱の大西洋に位置しています。

クルーズは豊かな歴史に彩られた唯一無二の魅力を放つリスボンで幕を閉じます。

続きを読む

High Lights

ハイライト

クルーズマップ

    ●ギリシャ、イタリア、スペイン、ポルトガルの4カ国、地中海と大西洋をめぐるクルーズ
    ●ユネスコ世界遺産:アテネのアクロポリス(乗船港)、デルフィの聖域(イテア港)、アラブ・ノルマン様式のパレルモ、イビサ島、マラガからグラナダのアルハンブラ宮殿、ベレンの塔、リスボンのジェロニモス修道院(下船港)。
    ●コリントス運河を横断。
    ●マホンとイビサを含むバレアレス諸島に寄港
    ●西地中海で最も古い都市のひとつ、アンダルシアの都市カディス。
続きを読む

Cruise Schedule

クルーズスケジュール

2024年10月10日
アテネ[ギリシャ]
乗船:2024年10月10日 午後4時▶午後5時
出航:2024年10月10日 午後6時

ギリシャ東部、サロニコス湾の端に位置する首都アテネ。その名が Athen"s"と複数形なのは、アクロポリスの周囲にあった最初の村々を指し示しているためです。ごつごつした岩の台地にはユネスコの世界遺産に登録されたモニュメントが立ち並び、訪れる人を魅了することでしょう。その眼下に広がるアテネ市内では、活気にあふれた地区を訪れることができます。プラカ地区は、迷路のように入り組んだ色鮮やかな通りで、夜になればムサカやガ ーリック シュリンプの香りが漂い、食欲をそそられること間違いなし。また、国立考古学博物館やキクラデス博物館など、アテネの文化的な歴史に触れることができるのも、この街の魅力です。

2024年10月11日
コリントス運河通過

コリントス運河はコリント地峡を貫き、ペロポネソス半島をギリシャ本土から島状に切り離しています。1893年に開通したこの運河は全長6キロあまりで、商船や旅客は半島を回る400キロの長い迂回路を避けることができます。運河の両側の高さは約50メートルにも達します。外部デッキから、高い黄土色の崖に挟まれた狭い水域を航行する船を眺めるまたとない機会をお見逃しなく。

2024年10月11日
イテア(ギリシャ)
入港:2024年10月11日 午後
出港:2024年10月11日 夕方

コリント湾に佇むこの小さな港は、アテネの北西、ギリシャ大陸に位置しています。イテア湾を囲む山々を眺めながら、古い石畳の岸壁をのんびりと散歩してみましょう。デルフィの聖域を訪れたいという誘惑に駆られるのも無理はありません。この聖域は、イテアからわずか10キロのパルナッソス山の斜面の台地にあります。ユネスコの世界遺産に登録されているこの遺跡は、険しい山々に囲まれた古代遺跡の体験となるでしょう。

2024年10月12日
終日航海

洋上での1日は、船内の様々なサービスやアクティビティを存分にお楽しみください。スパでのリラクゼーションや、フィットネスセンターで体を動かすのもお勧めです。船内で開催される講座やショーを楽しんだり、船内のブティックで買い物をしたり、季節によっては、プールや日光浴を楽しむのもいいでしょう。運が良ければ海洋動物に出会えるかもしれません。快適さと休息、そしてエンターテインメントを兼ね備えた、魅惑的な1日をお過ごしください。

2024年10月13日
シチリア島 パレルモ[イタリア]
入港:2024年10月13日 早朝
出港:2024年10月13日 午後

シチリア島最大の都市パレルモは、シチリアの魂を守り続けてきた都市です。この地に惹かれ、フェニキア、カルタゴ、ローマ、ビザンチン、アラブ、ノルマンなど、様々な地から多くの人々がやってきました。その結果、パレルモは非常に多くの文化が混ざり合う都市となりました。ムーア様式の聖堂やノルマン王宮内部にあるパラティーナ礼拝堂のビザンチン様式のモザイクがその例です。歴 史を物語る美しいバロック様式王宮の壮麗さにも魅了されることでしょう。散策の途中、カラフルで絵になるほど魅力的なマーケットを見つけるのも、心躍る旅の体験です。

2024年10月14日
サルディーニャ島 カリアリ 入港:2024年10月14日 早朝
出港:2024年10月14日 夕方

サルデーニャの首都カリアリは、ローマと同じく7つの丘の上に建っています。サルデーニャ語で「城」を意味するカリアリの名は、街を見下ろす歴史的中心地の城塞にちなんでいます。古い城壁は現在、絵のように美しい通りに接する心地よいパノラマテラスとなっている。スペイン・ハプスブルク家とサボイ家が支配する前は、ヌラーグ文明、フェニキア文明、ローマ文明、ビザンチン文明が栄えていました。カリアリのモニュメントには、サン・レミーの砦やサント・マリー大聖堂など、これらの歴代の支配の痕跡が残されています。海沿いには、アール・ヌーヴォー様式の公共モニュメントが立ち並び、全長8キロにも及ぶ壮大な砂浜、ポエット・ビーチへと続いています。

2024年10月15日
バレアレス諸島 マオー[スペイン]
入港:2024年10月15日 午後
出港:2024年10月15日 夕方

街を散策すれば、カラフルな家々、狭い路地、可愛らしい広場が迎えてくれます。マオーは、モニュメント、ヴィラ、白壁の建物など、地域によって雰囲気が異なり、その豊かなコントラストが魅力。18 世紀に再建されたネオ ゴシック様式建築のサンタ マリア教会を訪れてみてください。3,000 本以上のパイプと4つの鍵盤を持つ巨大なオルガンは必見。カルメ ン教会の周辺には、もとは農民が作っていたメノルカ島特有のサンダルのアヴァルカを売る店がたくさんあります。この地中海の宝物のような島の、魔法のような魅力に浸ってください。

2024年10月16日
イビザ バレアレス諸島 入港:2024年10月16日
出港:2024年10月16日

バレアレス諸島の象徴「白い島」は、1930年代からヨーロッパの芸術的ボヘミアンの隠れ家となり、1960年代には本物を求めるヒッピーたちの楽園となりました。1990年代以降は、きらびやかな若者たちが集う巨大なナイトクラブとなっています。このフィエスタ経済の陰で、イビサは野生の入り江や、ル・コルビュジエにインスピレーションを与えた平屋根の白いフィンカの村々の魅力を守り続けてきました。イビザの豊かな海洋生態系と沿岸生態系と、フェニキア人からルネサンス、地中海経済のかつての拠点であったこの島の建築物の名残により、ユネスコの世界遺産に登録されています。

カルタヘナ[スペイン] 入港:2024年10月17日 朝 出港:2024年10月17日 午後

多くの丘に囲まれた奥深い湾に位置するカルタヘナは、紀元前220年頃にカルタゴ人によって建設され、古代ローマ時代に繁栄しました。フェニキア、ローマ、カルタゴ、ムーア、キリスト教の影響が豊かな建築遺産を形成しています。この街のローマ劇場は、スペインで最も重要かつ保存状態の良いものの1つです。また、ブドウの木や柑橘類の木立がどこまでも続くダイナミックな風景を通り抜けて州都ムルシアを訪れることもできます。

2024年10月18日
マラガ(スペイン)
入港:2024年10月18日 朝
出港:2024年10月18日 午後

マラガはアンダルシア地方のコスタ・デル・ソルに位置する、歴史的で華やかな街です。マリーナとビーチの間にあるラ・ファローラの海辺の遊歩道は、散策に理想的な環境です。少し奥まったところにあるマラゲータ闘牛場は、この街を象徴する場所の1つ。旧市街を見下ろす丘からは、糸杉と海松の間にそびえ立つヒブラルファロ城とアルカサバを見ることができます。ブエナビスタ宮殿内にはピカソ美術館があります。

2024年10月19日
カディス[スペイン]
入港:2024年10月19日 午後
出港:2024年10月19日 夕方

スペイン南西部のコスタ・デ・ラ・ルスに位置するアンダルシアのカディス。コルタドゥーラのビーチから、サンタ・マリアのフラメンコ・バー、ラ・ビーニャのカラフルな通りまで、歴史に彩られ、非常に華やかなこの街に魅了されることでしょう。中世の面影を残すエル・ポプロ(El Pópulo)地区では、家と家の間の狭い隙間にある屋根付きの通路や、緑豊かなミナ広場を散策。見どころは壮麗なカテドラルで、黄色い磁器で覆われたドームが海の上にそびえ立っているかのようです。

2024年10月20日
終日航海

洋上での1日は、船内の様々なサービスやアクティビティを存分にお楽しみください。スパでのリラクゼーションや、フィットネスセンターで体を動かすのもお勧めです。船内で開催される講座やショーを楽しんだり、船内のブティックで買い物をしたり、季節によっては、プールや日光浴を楽しむのもいいでしょう。運が良ければ海洋動物に出会えるかもしれません。快適さと休息、そしてエンターテインメントを兼ね備えた、魅惑的な1日をお過ごしください。

2024年10月21日
リスボン[ポルトガル]
入港:2024年10月21日 早朝
下船:2024年10月21日 午前8時

ポルトガルの首都リスボンは、大西洋からほんの数キロ内陸に入ったテージョ川のほとりに位置し、文化的な多様性に富んだ街です。河口にある入り江には、ユネスコ世界遺産に登録されているジェロニモス修道院とベレンの塔が堂々とその姿を見せます。丘陵に広がるアルファマの街並みも見逃せません。ここは、ファド酒場(「ファド」と呼ばれるポルトガル民謡の生演奏があるバー) やムーア様式の美しい路地で知られ、リスボン最古の地区の一つであることから、リスボンを最もよく象徴する街並みが広がります。少し足を延ばせば、高級ブティックが並ぶ、シアードの優雅な通りに出ます。リスボンのショッピングの中心地で、少し贅沢なお買い物を楽しむことができます。

続きを読む

STATEROOM

PONANT MOMENTS

おすすめクルーズ

流氷

オーストラリアの秘境、キンバリーを訪ねて

1011
期間
€8.550~
詳細はこちら
流氷

オーストラリアの秘境、キンバリーを訪ねて

1011
期間
€8.050~
詳細はこちら
流氷

タヒチ周遊 マルケサス諸島・ツアモツ諸島・ソシエテ諸島

パペーテ[タヒチ島] 乗船 / パペーテ[タヒチ島]下船
1415
期間
€7.180~
詳細はこちら
流氷

バフィン湾の神秘

カンゲルルススアーク[グリーンランド]乗下船<...

1314
期間
€16.690~
詳細はこちら