バルト海・音楽の旅

期間

2024 年 4 月 20日
2024 年 4 月 29日

9

10

料金(最安)

€8.420~
ポナンボーナス10%割引

クルーズコード

EE200424

バルト海・音楽の旅

バルト海・音楽の旅

期間

2024 年 4 月 20日
2024 年 4 月 29日

9

10

料金(最安)

€8.420~
ポナンボーナス10%割引

クルーズコード

EE200424

バルト海・音楽の旅
コペンハーゲン乗船 / ストックホルム下船
 

フランスのラジオ局、RADIO CLASSIQUEとのパートナーシップのもと、詩人であり同ラジオ局の司会者もつとめるアラン・デュオー氏を迎え、格別なラインアップの音楽とともにお届けするクルーズです。

 

バルト海沿岸の歴史的な都市を訪ねる旅に、ポナンと出発しましょう。ハンザ同盟の文化の魅力に出会う10日間のクルーズに、ル ベロで出航します。

 

コペンハーゲンから、まずはカールスクローナへ向かいます。この街の歴史はスウェーデン海軍と深く関わっており、17世紀後半のヨーロッパの海軍都市の特徴を持つ優れた建築物として、軍港がユネスコ世界遺産に登録されています。

 

次は、琥珀と造船所で有名なグダニスクに寄港します。かつてハンザ同盟都市であったこの街では、復元、または再建されたゴシック様式やバロック様式の見事な建築物を見ることができます。

 

さらに北上して、リトアニアの主要な港町であるクライペダ(旧名メーメル)へ。狭い海峡を隔てたすぐ先には、ユネスコ世界遺産のクルシュー砂州があります。

 

ル ベロはその後スウェーデンのゴットランド島に向かい、13世紀頃、バルト海のハンザ同盟にとって重要な場所であったヴィスビューに寄港します。ユネスコの世界遺産に登録されたこの都市には、輪壁(城壁)、公共施設、商館、倉庫などがほぼ当時のまま残っており、かつて栄えていた頃の面影を残しています。

 

ラトビアの首都リガも訪れます。様々な建築様式が混在する旧市街は、まるで歴史の本のページをめくるような美しさです。

 

そこから、ヘルシンキに向かいます。300近い島々に囲まれた半島に位置するこの緑豊かなフィンランドの首都は、そのアール・ヌーヴォー建築で訪れる人を魅了します。

 

その後、数世紀にわたってバルト海の貿易を支配してきたハンザ同盟の象徴的な都市、タリンを訪れます。ユネスコの世界遺産に登録されたこの街には、かつての繁栄を伝える公共施設や商館、倉庫などが驚くほどきれいに保全されています。

 

最後に、船は下船港のストックホルムへ向かい、クルーズは幕を閉じます。

続きを読む

High Lights

ハイライト

クルーズマップ

    ●フランスのラジオ局、RADIO CLASSIQUEとのパートナーシップのもと、詩人であり同ラジオ局の司会者もつとめるアラン・デュオー氏を迎え、格別なラインアップの音楽とともにお届けするクルーズ
    ●北欧7カ国を巡り、ハンザ同盟の重要な都市を巡るバルト海クルーズ。デンマーク、ポーランド、リトアニア、ラトビア、フィンランド、エストニア、スウェーデンを訪問
    ●ユネスコ世界遺産:カールスクローナの軍港、クライペダのクルシュー砂州、ハンザ同盟都市ヴィスビュー、リガ歴史地区、ヘルシンキのスオメンリンナの要塞群、タリン歴史地区を訪問
    ●ヨーロッパの5つの首都を訪問:コペンハーゲン(デンマーク)、リガ(ラトビア)、ヘルシンキ(フィンランド)、タリン(エストニア)、ストックホルム(スウェーデン)
    ●軍港がユネスコの世界遺産に登録されている、スウェーデンの都市カールスクローナを訪問
    ●クルーズ乗船前にコペンハーゲンを訪問可能
続きを読む

Cruise Schedule

クルーズスケジュール

2024年4月20日
コペンハーゲン(デンマーク)
乗船:2024年4月20日 午後4時~午後5時
出港:2024年4月20日 午後6時

シェラン島の東端に位置し、スウェーデンの海岸からわずか数キロメートルにあるコペンハーゲンは、スカンジナビア特有の色彩が魅力的な街です。運河に沿って、クリスチャンスボーやニューハウンの歴史的な地区を巡り、この街の豊かさを見つけてください。また、多くの宮殿を通してデンマークの歴史を感じることもできるでしょう。食事は、ハムやチーズ、 スモークフィッシュなどを挟んだデンマークの伝統的なサンドイッチ、スモーブローがおすすめです。

2024年4月21日
カールスクローナ(スウェーデン)
入港:2024年4月21日 早朝
出港:2024年4月21日 午後早め

スウェーデン南岸、陸と海の間に横たわるカールスクローナ。前方にはブレーキンゲ群島の小さな島々が広がります。バルト海での戦略上有利な立地から、1680年、スウェーデン国王カール11世の命により、スウェーデン王立海軍の司令部と造船所が置かれることになりました。何もないところから建設されたこの城塞は、その一貫性と保存状態から、今日ではユネスコの世界遺産に登録されています。海に面した色とりどりの木造家屋と海軍の豊かな歴史が、海が常に身近にあるこの街に独特の魅力を与えています。ぜひ訪れていただきたい場所です。

2024年4月22日
グダニスク(ポーランド)
入港:2024年4月22日 早朝
出港:2024年4月22日 午後遅め

バルト海に面したこの美しい街は「ポーランドの黄金の扉」と呼ばれ、その美しいハンザ同盟建築を見れば、その理由がわかるでしょう。美しい造形と特徴的な屋根、カラフルな表情をもつ家々が立ち並ぶ美しい街です。工芸品店が軒を連ねるヴィスワ川の波止場沿いは、絶好の散策スポットです。上品な雰囲気をまとうマリアツカ通りでは、琥珀の宝石商に惹きつけられることでしょう。聖マリア教会とその天文時計も必見です。荘厳なロングマーケット広場には、有名なアルトゥスコートとグダニスク歴史博物館があります。

2024年4月23日
クライペダ(リトアニア)
入港:2024年4月23日 正午前後
出港:2024年4月23日 午後遅め

クライペダは13世紀、ドイツ騎士団のキリスト教十字軍によって設立されました。バルト海の端という立地から、創設以来、ドイツ人、ポーランド人、リトアニア人、そしてフランス人の間での争いが絶えませんでした。今日、クライペダの豊かな歴史的遺産は、その素晴らしい多文化主義と言えるでしょう。ここはリトアニアの主要港がある第三の都市であり、 周囲のバルト海沿岸の美しい景色は、観光地としても人気があります。ドイツとスカンジナビアが融合した建築物が立ち並ぶ市街地は居心地のよい街となっています。

2024年4月24日
ゴットランド島ヴィスビュー(スウェーデン)
入港:2024年4月24日 早朝
出港:2024年4月24日 正午前後

バルト海に浮かぶスウェーデンのゴットランド島。その西海岸にある、かつてのハンザ同盟都市がヴィスビューです。壮大な要塞を通り抜け、ユネスコ世界遺産に登録されている旧市街に足を踏み入れてみましょう。裕福な商人たちの豪邸や、石畳の小道に立ち並ぶかわいらしい低い木造の家々が見られます。八角形の尖塔を持つ聖マリア大聖堂や、要塞を守るために建てられたパウダータワー(火薬塔)もお見逃しなく。また、島中に咲き乱れるバラも有名です。バラが店先を飾るカフェでは、島の特産品であるサフランのパンケーキに赤いベリーのジャムをあわせてどうぞ。

2024年4月25日
リガ(ラトビア)
入港:2024年4月25日 正午前後
出港:2024年4月25日 夕方遅め

バルト海に面した東洋と西洋が出会う場所、ラトビアの首都リガは、そのコントラストが魅了的な街です。バルト三国の中でも最も古い都市のひとつであるリガは、中世の面影を残す独特の雰囲気が漂いつつも、活力に満ちたモダンな街でもあります。旧市街では、その稀有な建築物、大聖堂、古い城壁の跡、狭い路地での散策を楽しむことができます。1930年代に「北のパリ」と呼ばれたこの国際都市は、豊かな遺産を誇る街です。

2024年4月26日
終日航海

洋上での一日、船内の様々なサービスやアクティビティを最大限に活用してください。スパでリラックスしたり、フィットネスセンターで体を整えたり。季節によっては、プールや日光浴も楽しめます。寄港地のないこの日は、船内で開催される会議やショーを楽しんだり、ブティックで買い物をしたり、専用スペースでポナンのフォトグラファーに会う絶好のチャンスでもあります。海が好きな方は、船の甲板で波を眺め、運がよければ海の生物に出会えるかもしれません。快適さと休息、そしてエンターテインメントを兼ね備えた、船旅ならではの最高の休息日です。

2024年4月27日
ヘルシンキ(フィンランド)
入港:2024年4月27日 早朝
出港:2024年4月27日 夕方

フィンランドの南の半島に位置するヘルシンキは、気品と美しさを兼ね備えた国際都市です。新古典派建築の柔らかな色合いと、壮大な近代建築が共存する歴史的な中心街を散策してみましょう。賑やかなカッリオ地区には、ブティックやレストランが軒を連ね、グラブラックスと呼ばれる甘くマリネされた香りのよいサーモン料理など、地元の名物料理を味わうことができます。中心部からほど近いケスクスプイスト公園で、ゆったりとくつろぐのもいいでしょう。

2024年4月28日
タリン(エストニア)
入港:2024年4月28日 夜
出港:2024年4月28日 午後早め

エストニアの北、バルト海に面したタリンの町は、その建造物が特徴的な美しい街です。1404年から町の中心に佇むゴシック様式の市庁舎をかかえる中心街では、小さな通りでの散策がお勧めです。キークインデキョクの塔、正教会のアレクサンドル ネフスキー大聖堂、 トームペア城では、この町の豊かな歴史に触れることができます。ここは特に中世時代に非常に活気があった街であり、この時代に造られた美しいモニュメントがその時代を物語っています。ユネスコの世界遺産に登録されたタリンの中心で、思う存分自分の時間を過ごしてください。

2024年4月29日
ストックホルム(スウェーデン)
入港:2024年4月29日 早朝
下船:2024年4月29日 午前8時

ストックホルムは、スウェーデン東部、メーラレン湖とバルト海が接する場所にある群島に あるスウェーデンの首都です。スウェーデン語で「旧市街」を意味するガムラスタンでは、荘厳な王宮まで続く美しい中世時代の通りを気ままに散策することができます。緑豊かなユールゴーデン島には、17世紀に造られた3本マストの軍艦ヴァーサ号の博物館、この地方の風習を紹介するスカンセン博物館、伝説のポップグループABBAの博物館など、さまざまな種類の博物館があります。ガラス張りの球体ゴンドラ「スカイビュー」に乗って、ストックホルムのランドマークである世界最大の建物「エリクソングローブ」の頂上まで行けば、ストックホルムを一望できる素晴らしい景色が待っています。

続きを読む

STATEROOM

PONANT MOMENTS

おすすめクルーズ

流氷

【日本語スタッフ乗船】【シングル追加料金無料】福岡から台湾へ 奄美・屋久島と沖縄の離島

福岡乗船 ~ 基隆(台湾)下船

 

78
期間
€5.640~
詳細はこちら
流氷

タヒチ島とソシエテ諸島

78
期間
€3.650~
詳細はこちら

流氷

【日本語スタッフ乗船】小樽から大阪へ 北前船の航路をたどる旅

小樽 乗船/大阪 下船

 

1112
期間
€10.230~
詳細はこちら
流氷

【日本語スタッフ乗船】沖縄・鹿児島 大自然の島々へ

基隆(台湾)乗船 / 鹿児島 下船

 

78
期間
€5.640~
詳細はこちら